交通事故のムチ打ちのリハビリは当院で

日に日に寒くなってきました.

この季節は体の筋も固くなったり、ケガや事故も起きやすくなってきます。

また、昔起こした事故の痛みが出てしまうこともあります。



例えば、交通事故にあってしまったとき、首を痛めてしまうことがよくあります。
いわゆるむちうちです。


もし交通事故にあってしまったら、もちろんまずは病院に行きましょう。


後から発覚する症状もありますので、しっかりと精密検査することをお勧めします。


問診



できるだけ早急に、MRIやCTも含めてしっかりと確認することが後のトラブルを抑えるために重要です。


その中で、むちうちという診断をされましたら、リハビリを行う必要が出てきます。



むちうちは、正式名称は「外傷性頚部症候群」「頸椎捻挫」などと言います。



そう聞くとしっかりとした障害として感じられるものに思われますが、初期状態では痛みも特に感じない、ということもよくあります。


その結果、リハビリを進められてはいても、日々の生活や仕事に追われてついついリハビリを後回しにしてしまいます。

その挙句に、ちょっとした動きで首に痛みを感じるような症状に悩まされるようなことにもなりかねません。




首の痛み



実感はなくてもしっかりとリハビリをして、直すよう心掛けてください。


リハビリは接骨院でも行うことができます。


病院との大きな違いは、予約ができて待ち時間がほぼない、ということ。


さらに当院であれば、朝も平日は9時から22時。

土日は8時から19時。

病院と比べても幅広い時間帯で対応いたしますので、ご都合に合わせた通院がしやすいという点もあります。


そして施術についても、リハビリに対応したしっかりとしたノウハウがあります。


リハビリは継続性が重要です。

接骨院に通いだしたら、よほどのことがない限りは通い続けることをお勧めします(もちろんそれが病院の場合も同じです)。




施術



ただし接骨院でリハビリするのにあたっては1点重要なポイントがあります。

交通事故の被害者である場合、保険会社が費用の負担をすることになると思います。

ですが、保険会社によっては接骨院でのリハビリに対応していない、もしくは難色を示す場合があります。


ですので、事前の保険会社への確認はしっかりと行っていただき、対応していただけることを確認したうえでの通院を必ず行うようにしてください。




首が痛いイラスト



また、お聞きになったこともあるかもしれませんが、接骨院によってはリハビリを過剰診療(治療費の水増し請求)をするようなところもあるようです。


そうしたところに通ってしまうと、治療費支払いトラブルが出てくる可能性があります。



対策としては、事前に接骨院に電話していただき「こういった話を聞いたことがあるのですが…」と聞いてみるのもひとつの手だと思います。

(その対応で良し悪しははっきり出ると思います。)



もちろんつくし整骨院はそうした点についてもはっきりとこうして記事にすることで、そうした問題がないことははっきりとお伝えしたいと考えています。


しっかりと治療して、首肩に障害・トラブルを残さないように、ご自身にあったリハビリを見つけていただけたら嬉しく思います。


何かありましたらつくし整骨院にお気軽にご相談ください。



画像



つくし整骨院


横浜市中区長者町4-11-7

斎藤ビル2階

045-334-7064

冷え性はつらい…早めの冷え対策をしていきましょう

肌寒い季節がやってきました。

冷え性の方もそうでない方も、体の冷えには気を付けたい季節ですね。



今日は冷え性のお話と、整骨院でできる改善、対処法についてお話していけたらと思います。



外観



まず冷え性とはどんなものなのでしょうか?

冷え性は血行不良が原因で起こるものです。
一昔前までは、女性に多い、貧血の人が起こるもの…と言われることもありましたが、最近では男性の方の冷え性も出てきています。

原因としては…

●自律神経の乱れ

●血液環境の悪化

●筋肉量の少ない人

●女性ホルモンの乱れ



など関係してくると言われています。



冷え性



冷え性が出やすい生活習慣とは?

●睡眠時間が6時間以下のことが多い

●サラダなど冷たい食べ物や飲み物、生野菜をよく食べる

●便秘

●お風呂ではなくシャワーで済ませることが多い

●肩こりや腰痛がある

●疲れやすい

●運動不足



上記のような習慣は冷え性になりやすいと考えられています。



症状としては、手足や体の末端が冷えていることが一番にあげられますがその他の症状としては

肌が乾燥しやすいなども挙げられるそうです。



乾燥肌



冷え性は実は万病のもと。

がん、脳血管障害、心疾患など多くの病気の根源に冷えがあるのではないかとも注目されています。



冷え性の一番の対策としては、血流を良くし、内臓から体を温めることです。


通常体温を維持するために重要なことは「正常な血流」であります。



そこで当院では血行不良を軸にした解消方法を提案します。



相談


血の流れを正常化することを目的と考えると、冷えるところを温めるだけでは問題解消にはつながりません。


つくし接骨院はカラダの専門家として、血行不良の原因を調べて対処することを前提とした対応を行います。


冷え性の起こる原因はひとそれぞれで、ひとくくりに「これで解消」とは言えません。


まずはご相談の上ご来院いただき、実際の状況をお伝えいただきたいと思います。


そして原因や生活習慣を見直し、改善していけたらと思います。


冷え性は放っておいても改善することはありません。

これからどんどん寒くなってくることを考えると、早めにご相談いただくことをお勧めしたいと思います。


ぜひお気軽にご相談ください。


施術写真



つくし整骨院
横浜市中区長者町4-11-7

斎藤ビル2階

045-334-7064

寝違えでお困りの時に

皆さん、こんにちは。

今週は秋晴れが続くみたいですね。

清々しい天気に気分も前向きになれそうです。



横浜



さて今日は寝違えの話をさせて頂きます。



寝違えの原因としては、寝ている間の姿勢にあることがほとんどです。

枕の高さが合わない事や、ソファでうたた寝をしているときなどの不自然な首と頭の位置など。

そのような状態から筋肉や関節、神経に負担を掛けてしまい発症します。


寝違えは起こってしまうと大きなトラブルになります。

いつもの行動がとれなくなってしまうという問題があるため、無理くり動いたとしても効率は悪くなるし痛みは厳しいし、という状況になります。


もしそういった事態になりましたら、ぜひ当院にご相談いただきたいと思います。


首の痛み


当院は平日9:00開院で、かつあらかじめご連絡いただければほぼお待たせせずに施術することができます。


病院ですと急なトラブルにはなかなか対応しづらい面もあるので、その点では接骨院(整骨院)は選択肢としてお考えいただけると思います。

症状による部分もありますが、1回施術することである程度痛みの緩和をすることができるので、その日の予定をある程度進めることもできると思います。


メモ


大まかな施術の流れですが、


まずは症状を確認するために動きのチェックを行います。

寝違えの症状が確認されましたら改善するための施術を行っていきます。

筋肉の緊張が見受けられる場合はその改善、あわせて発症の原因になりやすい「骨のバランス」調整も行っていきます。

必要に応じて鍼灸も行います。


相談


施術した日は過度の飲酒、入浴は避けていただきますようお願いしています。


もちろん、寝違えかどうか、その重度により対応は異なってきますのでまずはご相談ください。


また、寝違えの症状は1回で完治することは難しい場合が多いため、改善のながれについてはご来院時にご相談いただきたいと思います。

何かお体にトラブルがあった際は、ぜひ当院へお気軽にご相談ください。


画像


つくし整骨院


横浜市中区長者町4-11-7

斎藤ビル2階

045-334-7064

電気療法行っています

秋らしくなってきました。

肌寒い日が続きましたが、今日は過ごしやすい穏やかな天気ですね!

皆さん体調は崩されていませんか?

季節の変わり目は、体に不調があらわれやすいので、体調管理にはくれぐれも気をつけてくださいね。



画像



さて、今日はつくし整骨院で行っている電気療法のお話です。



つくし整骨院では、施術の一つとして電気療法も行っています。
電気療法は、だいたいは筋肉痛・神経痛をお持ちの方に用いるものです。


患部を中心に専用の機械から電気を流すことで刺激を与え、痛みを和らげるといった療法です。


痛みを感じるところは硬くなってしまっていることが多く、そのことから通常であれば回復する痛み・トラブルが回復しづらくなり、さらに痛みや動かしにくさや疲労感などマイナス方向に大きく結びついてきます。


施術


電気療法はそうした硬くなっている患部に電気振動を与えて、細かい運動をさせます。

そうすることで柔軟性を回復させて、痛みの改善に結びつける、というものになります。


若いうちはそうしたことをしなくても、筋肉が硬くなることはあまりありません。(ハードなスポーツを行っている場合等、例外はあります)。



年齢を重ねることで、回復力自体が低下してそれが筋肉の硬化に結びつきやすくなるということはやむを得ないことです。


ただ、そうした問題を克服して楽しく充実した毎日を過ごすためにつくし整骨院の電気療法もぜひお試しいただければと思います。


体の不調や痛み、そのままにしているとよくなるものも、治らなかったりすることもあります。


大丈夫だとそのままにせず、お体に少しでも不調や痛みを感じる場合はぜひお気軽にご相談ください。


つくし整骨院



つくし整骨院

045-334-7064


横浜市中区長者町4-11-7

斎藤ビル2階

日頃の姿勢が体型にも影響あり?

週末に訪れた台風で、首都圏では交通機関の計画運休も余儀なくされました。

今回もまた爪痕を大きく残した台風になりましたが、皆さんの地域はご無事でしたか。

被害に合われた方たちには、1日も早い復旧をお祈り申し上げます。



外観



さて、つくし整骨院から今日は姿勢と体型の関係性について話していきたいと思います。

皆さんはきっと毎日お仕事をされていると思います。

仕事も立ち仕事、デスクワークといろいろありますが、多くの方がデスクワークをされていると思います。



今日はそんなデスクワークをされている方へ骨盤と姿勢と体型の関係性のお話をしていきたいと思います。



会社風景



デスクワークの方は、一日の中でも座っている時間が非常に長いです。



その時の姿勢は、実は体型にも大きく影響してきます。

座っている姿勢で意識すべきことは骨盤を立てて座るということです。

それでは骨盤を立てて座るとはどういことか。

もう少し説明していきたいと思います。



骨盤が立つ=骨盤が正しい姿勢にある

ということいです。



デスクワーク



まず、骨盤を立たせることで正しい姿勢を作ることが大切です。

椅子に座った状態でも、骨盤を立たせて骨盤が正しい位置にある姿勢で座ることが重要になってきます。

椅子に座った状態の時に意識して肩、膝の位置が左右水平になっている姿勢を作ります。

その時、骨盤が左右水平になっています。

これが正しい骨盤が立った姿勢です。



骨盤



では、骨盤の立ちと体型とはどのような関係性になってくるのか、説明していきます。

骨盤を立てない状態(つまり身体に負担のかかる姿勢)で長時間椅子に座っていると、身体のいたるところに支障をきたします。

あまりイメージできないかもしれませんが、骨盤は内蔵を支えています。

つまりそれは、骨盤の上に内蔵が乗っかっている状態にあります。

ところが、骨盤を立てる座り方をしないと、骨盤が歪んでしまうことも出てきます。

骨盤が歪んでしまうと、骨盤の上に乗っている内蔵が下がっていき、骨盤の中に内蔵が集合してしまう状態になります。



悪い姿勢



そうなってしまうと、代謝や血流が悪くなります。

その結果、「太りやすい体型」や「下半身太り」を引き起こしてしまうのです。

逆に、骨盤を立てる正しい座り方をすることでダイエット効果も期待できます。


慣れないと少し負担を感じるかもしれませんが、姿勢が悪いと太りやすくなったり、首・肩に負担がかかり、余計につらい結果になってしまう可能性もあります。


つくし整骨院ではそうした座り方の矯正についてもご相談いただけます。

もちろん結果として首・肩が張っていたり、疲れが抜けなくなっているような状況の改善についてもお手伝いいたします。


体のことで何か不安を感じることがありましたら、お気軽にご相談ください。


施術写真



つくし整骨院

045-334-7064

横浜市中区長者町4-11-7

長者町斎藤ビル2階