Author: tsukushi

頭痛についてのご相談と対応

片頭痛よりも筋緊張性の頭痛

頭痛がするというと、脳梗塞とか血管系の病気を疑い脳のMRIをとったりしますが、問題がない場合は筋緊張性の頭痛と言われます。
肩、背中の張りによって神経圧迫によって頭痛をひきおこさせてると「筋緊張性の頭痛」診断される方が多いのです。

施術方法とは


まずは来ていただき症状を見ます。
・痛みがそういう形ででるのか ・痛みがどれくらい持続するのか ・痛みが時々起こるのか持続するのか、突発的にでるのか
・痛みが起こる場所 ・痛みの質(しめつけられる感じなのか、目の奥が痛い感じなのか、ズキンズキン脈をうつような感じなのか)
しっかりとヒアリングしていきます。
頭痛の原因で多い方はデスクワークの方です。目の疲れから首回りの筋肉が固くなって頭痛のパターンが多いのです。それも筋緊張性につながります。
長時間同じ姿勢、座っている時間が長いというのも原因のひとつです。

施術時間・金額・回数は?

保険治療をしています。初回は初診料があるため1000円前後、二回目以降は一回500円前後になりますがあるため1000円前後、二回目以降は一回500円前後になります。
施術時間はトータル30分ほどです。
全体をみていくかたちと、あとは生活習慣の確認をしていくかたちをとっています。
食事は気を付けているのか、睡眠時間どうなのか、そのあたりの部分をアドバイスします。
確実に生活習慣が悪い方は乱れています。
生活習慣をきっちりして調子が悪いっていうのは基本的にあまりいません。
そのあたりをアドバイスとヒアリングを毎回しながら施術します。
その後は、一週間ぐらい後にきてもらい再び全体の状態を見ます。(状態がひどい人は2,3日後ぐらいにきてもらいます)
平均2,3回ほどの来院で落ち着かれる方が多いです。

効果的な日常の過ごし方

やはり運動が効果的です。
首の張りは腰痛とセットみたいなところもあるので腰のあたりにも影響がでてきます。
腰をさらにサポートするために腹筋してあげるのもおすすめです。
負担をかけないやめの運動方法、トレーニング方法も教えたり、腹筋のやり方を教えてたりもします。
スポーツジムを並列しています。加圧トレーニングは肩こりと首の張りにとてもいいのでおすすめです。

交通事故のリハビリで接骨院を使うメリット・デメリット

Q.交通事故のリハビリで接骨院を選ぶメリットを教えてください、。

A.接骨院で交通事故の治療をしますと、一人一人の症状に合わせた丁寧な治療をお受けすることが出来ます。

Q.具体的に教えてください。

A.通常に通われる病院と比べて、患者様一人一人の症状に合わせて丁寧な治療をお受けすることが出来ます。
通常に通われる病院と比べて、営業時間も長く土日祝日もやっているところが多いので、こまめな治療をお受けすることが出来ることと、皆様のスケジュールに合わせて治療をお受けすることが出来ますので、早期回復に整骨院は効果的です。

交通事故の患者様は、負担額が普通の病院と一緒でかかりません。
通常病院での物理療法、機械で使った治療とくらべて、整骨院では患部に直接手を触れて治療することをメインとしています。
直接患部を治療することによって、早期回復にとても効果的です。

完全予約制でやっておりますので、待ち時間なく皆様のスケジュールに合わせて、治療をまめにお受けすることが出来ます。

横浜のつくし整骨院は、土日祝日営業しております。
平日は夜10時まで営業しておりますので、皆様のスケジュールに合わせてご活用ください。

膝の痛み – スポーツ編

当接骨院によくいただくお悩みとして、膝痛があります。
その原因は多岐に及びますが、その中からスポーツで起こるトラブルについて事例を紹介したいと思います。
ひざ痛は「あっ」という瞬間に発生するものも多く、一見すると防ぐのが難しいように思いますが、実はちょっとした注意でトラブルを回避できることもあります。

つくし整骨院に寄せられるひざ痛のお悩み – スポーツ編事例

1)普段運動不足の状態からの急なランニングやジャンプを伴う(過剰な)運動
2) ゴルフのスイング動作
3) 膝周辺筋肉の柔軟性不足

まず、運動不足の状態からの運動というのは圧倒的に準備運動不足です。
どうしても通常が「運動不足」状態からの運動時には自分の体力を過信してしまい、結果としてケガにつながることが多いです。
日頃から運動をしている人ほど、準備運動・柔軟はじっくり時間をかけて、しっかり行っています。

例えば久々のゴルフというときに、日ごろやっていない人ほどすぐにクラブを振り回してしまいますが、ゴルフをやっている人はまず下半身の柔軟性を確認しながら可動域を高めていき、下半身から上半身へとしっかりと準備運動と柔軟をおこなっています。
ゴルフスイングは日頃の動きとは違います。また、歩く距離も日常からすると非常に長い人が多いと思います。
その点にぜひ自覚的になっていただき、準備の重要性を再確認していただきたいと思います。

久々の運動にあたっては

1) 柔軟体操・準備運動をしっかりと行う
2) 自分の体力を過信しない

この2点に注意して、ケガなく楽しいスポーツをお楽しみください。

それでも関節のトラブルは起こるときは起こってしまいます。そうした時に自己流で対応したり、ガマンするというのは結果として完治を長引かせることになることが多いので、ぜひお近くの接骨院・整骨院にご相談ください。
dsc_0206

館山トライアスロン

相澤です。

梅雨に入り、洗濯物の心配をしなければいけないのが、かなり憂鬱な気持ちです。

現在、私は6月28日に開催される館山トライアスロンに向けて日々、トレーニングを行っています!

接骨院には、トライアスロン、マラソンをやられている方が沢山来られます。

私のトレーニング量をはるかに超える量を皆さんやっています!

皆さんのトレーニング話を聞いて、とても良い刺激を受けています!

今回参加する館山トライアスロンでは、皆さんに胸を張って言えるようなタイムでゴールできるように頑張ります!

いざ、タテトラへ!!

相澤