頭痛についてのご相談と対応


片頭痛よりも筋緊張性の頭痛

頭痛がするというと、脳梗塞とか血管系の病気を疑い脳のMRIをとったりしますが、問題がない場合は筋緊張性の頭痛と言われます。
肩、背中の張りによって神経圧迫によって頭痛をひきおこさせてると「筋緊張性の頭痛」診断される方が多いのです。

施術方法とは


まずは来ていただき症状を見ます。
・痛みがそういう形ででるのか ・痛みがどれくらい持続するのか ・痛みが時々起こるのか持続するのか、突発的にでるのか
・痛みが起こる場所 ・痛みの質(しめつけられる感じなのか、目の奥が痛い感じなのか、ズキンズキン脈をうつような感じなのか)
しっかりとヒアリングしていきます。
頭痛の原因で多い方はデスクワークの方です。目の疲れから首回りの筋肉が固くなって頭痛のパターンが多いのです。それも筋緊張性につながります。
長時間同じ姿勢、座っている時間が長いというのも原因のひとつです。

施術時間・金額・回数は?

保険治療をしています。初回は初診料があるため1000円前後、二回目以降は一回500円前後になりますがあるため1000円前後、二回目以降は一回500円前後になります。
施術時間はトータル30分ほどです。
全体をみていくかたちと、あとは生活習慣の確認をしていくかたちをとっています。
食事は気を付けているのか、睡眠時間どうなのか、そのあたりの部分をアドバイスします。
確実に生活習慣が悪い方は乱れています。
生活習慣をきっちりして調子が悪いっていうのは基本的にあまりいません。
そのあたりをアドバイスとヒアリングを毎回しながら施術します。
その後は、一週間ぐらい後にきてもらい再び全体の状態を見ます。(状態がひどい人は2,3日後ぐらいにきてもらいます)
平均2,3回ほどの来院で落ち着かれる方が多いです。

効果的な日常の過ごし方

やはり運動が効果的です。
首の張りは腰痛とセットみたいなところもあるので腰のあたりにも影響がでてきます。
腰をさらにサポートするために腹筋してあげるのもおすすめです。
負担をかけないやめの運動方法、トレーニング方法も教えたり、腹筋のやり方を教えてたりもします。
スポーツジムを並列しています。加圧トレーニングは肩こりと首の張りにとてもいいのでおすすめです。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *